ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

能年玲奈が洗脳され所属事務所に無断で新事務所設立?泥沼トラブルで今後仕事なし?

   

能年玲奈2能年玲奈さんといえば、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で大ブレークし、驚く時に使う『じぇじぇじぇ』も2013年の流行語大賞に選ばれましたよね。
その翌年には2本の映画にも出演し一躍時の人に。

そんな能年さんですが、現在唯一放送されている保険のCMも終わり実質上テレビからは消えた状態です。

その背景には事務所からの独立騒動や洗脳問題と色々な噂が出回っています。

今回はそんな事務所独立に関する噂を調べてみました!

スポンサードリンク

事務所とのトラブル?

週刊文春が ”国民的アイドル女優はなぜ消えたのか?” と銘打ち、当時の能年さんに対する事務所の過酷な状況を誌面に掲載します。

内容は事務所の社長が能年さんに対し「お前は負け犬」と言ったり、過酷な状況で働かせているというもの。

このあまちゃんの撮影時には能年さんは月収5万だったとも報じています。

ブレイクし始めのタレントの収入が少ないのは仕方のないことだったのですが、それは、衣食住にかかるコストは全て事務所が負担するからだったそうです。

しかし能年さんにはマネージャーが付きっきりではなく経費なども自分で建て替えたりしたことから、財布には200円しか入っていないという状況も。

大人気のドラマの裏でこのような事になっていたとは驚きですね。

しかしこの週刊文春の記事は事務所側が事実無根として名誉棄損と訴えているそうです。

能年玲奈がわがまますぎる?

事務所問題とは別に能年さん本人にもこのような噂がありました。

能年さんは自己主張が強く、キスシーンや性的シーンは『ファンが逃げる』からと全てNG。
さらに有名女優を名指しで共演NGにもしていたそうです。

また現在人気漫画『進撃の巨人』の実写版映画撮影では事務所を通さず、知人を通して監督と接触するという”芸能界のご法度”も犯していたんだとか。

いくら大ブレイクをしたといってもまだ新人の女優さんですし、そこまで我が儘をいっているとさすがに周りも困りますよね。

無断で個人を事務所を設立?

そんな事務所に不信感をつのらせた能年さんは事務所に無断で自身が代表を務める個人事務所を設立したそうです。

しかしそんな事務所独立騒動を裏で糸をひいていたのは、能年さんが心酔する女性演出家の滝沢光子さんといいます。
能年さんはこの滝沢さんに洗脳されているとも噂になっています。

演出家・滝沢光子とは?

滝沢さんは能年さんの演技指導の先生であり、高校1年の時に初めてレッスンを受けた際に「あなたは女優をやらないと生ゴミね」といわれたことから「生ゴミ先生」とあだ名がついたそうです。

能年さんがあまちゃんでブレイクできたのも彼女のおかげなんだそうです。

その一方で能年さんが滝沢さんに心酔するあまり依存しすぎなのでは?という声もあり、雑誌フライデーでは2人で手をつないで歩くという姿も掲載されました。

能年玲奈

新事務所設立

現在の能年さんの個人事務所は

『三毛andカリントウ』

…。なかなか個性的な名前ですよね。

現在の事務所レプロエンタテインメントとは6月いっぱいで契約が切れるそうで、事務所からの延長の打診に応じず独立の意思を固めているそうです。

事務所とここまでこじれてしまっては今後の女優人生にも響きそうですよね。
今後も能年さんの活動にも注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

 - エンタメ