ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

おかゆダイエットの効果と正しいやり方は?効果アップの方法も!

      2017/03/13

最近話題になっている『おかゆダイエット』をご存知でしょうか。

おかゆは日本人にとってもなじみの深いものですし、ダイエット中にもお米を食べたい!という方にはうってつけのダイエット方法です!

今回はそんな『おかゆダイエット』について詳しく紹介します!

■おかゆダイエットとは

おかゆおかゆダイエットには食事自体をおかゆに置き換える方法と、普段食べている主食の白米や、パンをおかゆに置き換える2種類の方法があります。

体重を劇的に落とすのはやはりおかゆだけの置き換えになりますが、こちらだと栄養不足になりリバウンドを起こしやすいのであまりお勧めはしません。

今回は主食をおかゆに変えるダイエット方法をご紹介します。

おかゆダイエットの効果は?

おかゆダイエットにはダイエット以外にも美容効果もあります。

・運動せずにダイエットできる

主食のカロリーが半分になることで一日の総合摂取カロリーを減らすことができ運動をしなくても痩せることができます。
運動も一緒に行うことで、更にダイエット効果が上がりますので平行してやるといいですね!

・体を温めるので新陳代謝がアップする

”冷え”はダイエットの天敵です!
身体が冷えやすくなると代謝が落ち痩せにくい身体になります。
温かいおかゆを食べる事により体を中から温め新陳代謝を上げることによりカロリー消費もアップします。
長期間続けることで体質改善にもなります。

・少しのお米で満腹感を得られる

おかゆは通常の白米より水分を多く含んでいるので、通常食べる白米の量よりも少ない量で満腹感を得る事ができます。

・食べるスピードを落とす

”早食いは太る元”ともいわれます。
できたてのおかゆは非常に熱く冷ましながら食べなければいけない為、自然に食べるスピードがゆっくりになります。
ダイエットはゆっくりとよく噛んで食べる事が大切です。よく噛む事で満腹中枢を刺激し早く満腹感を得る事ができますが、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激されにくく、結果食べ過ぎにつながってしまいます。

おかゆダイエットであれば自然と食べるスピードを遅くすることができます。

・美肌になる

おかゆは消化がいいため消化器官の負担を軽くします。
”胃腸が荒れると肌もあれる”ともいいニキビや吹き出物に悩んでいる方は胃腸に負担がかかっていることが原因の場合もあります。
おかゆを食べる事で胃腸への負担を軽くすることでニキビや吹き出物を改善し美肌効果をもらたします。

・便秘解消

おかゆは水分を多く含み胃腸への負担も軽減されるので便秘を解消することができます。
老廃物を排出することで代謝もあがり、疲れがとれやすくなる・、むくみが取れるといったうれしい効果もあります。

またデトックス効果により肌のターンオーバーを正常化させ美白効果にもつながります。

スポンサードリンク

おかゆのカロリーは

おかゆのカロリーは水分を多く含んでいるため白米よりも少ないです。

白米は平均的なサイズの茶碗で1杯200キロカロリーです。それに対しおかゆは水分の量にもよりますが、約半分の100キロカロリーといわれていますので、約半分のカロリーを抑えることができます。

これを三食すべておかゆに変えると300カロリーも減らすことができます。

たった300カロリー?と思う方もいるかもしれませんが、運動で300カロリー減らそうと思うと

早足のウォーキングを75分、もしくは自転車を1時間こがなと300カロリーは消費できません。

それだけのカロリーをおかゆに変えるだけで手軽に減らせるってすごいことですよね!

おかゆの作り方

おかゆといっても水分量によってカロリーも変わってきます。
おかゆは三分粥・五分粥・七分粥・全粥と種類があり、通常私たちがおかゆといっているのは七分粥になります。

水分が多くなるとその分カロリーは減りますが、その分空腹感が強くなります。

各おかゆの作り方は白米0.5合に対し
三分粥1,000cc / 五分粥500cc / 七分粥350cc / 全粥250cc

になります。自分の目標にあったおかゆを作ってみてください!

効果をあげる方法は

早く効果を出したいという方は、夕食をおかゆに変えるとより早く効果を実感できます。

長く続けるコツとしては朝ごはんか昼ご飯はしっかり食べた方がいいようです。

おかゆは少しの量でお腹が膨れますが、その分腹持ちが悪いです。朝、昼両方おかゆにしてしまうと夜まで体力が持ちません。

その為、つい間食などをしてしまい、せっかくセーブしているカロリーが無駄になってしまいます

さらに食べる順番としてはおかゆから食べ始めるといいでしょう。

おかゆは熱いので早く食べる事ができません。一番初めにゆっくりおかゆを食べる事で満腹中枢が刺激されおかゆの食べ過ぎを防ぐことができます。

誰でも簡単にできるおかゆダイエット。一度試していかがですか♪

スポンサードリンク

 - ダイエット