ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

週刊文春の”やりすぎ”取材に非難殺到。その驚くべき取材方法とは。

   

今一番世間を騒がせている雑誌といえばやはり『週刊文春』なのではないでしょうか。

最近でいえば、ベッキーさんとゲスの極み乙女・川谷絵音さんの不倫に甘利大臣の金銭需受問題。

結果ベッキーさんは全ての仕事がなくなり謹慎状態。CMやテレビ番組の違約金などは5億を上回ったとか。

そして甘利大臣の金銭需受問題では辞任を表明しています。

このような強硬体制を押し通す週刊文春の体制に世間からは

「メディアの暴走」

「プライバシーの損害」

「おとり捜査のような不正取材」

と批判の声が高まっています。

スポンサードリンク

過去に文春が行った”やりすぎ”の取材手口とは

過去にホリエモンこと堀江貴文さん、元宮崎県知事の東国原英夫さんが週刊文春から実際にやられた取材方法を暴露していました。

■ホリエモンへの執拗な電話攻撃

普段電話に出ない私にわざわざかけてくるというのはよっぽどの重要な電話だと思いでたら、なんとどこで調べたのか週刊文春のクソ記者からの突然の取材電話だ。

失礼な奴だ。メールで事務所あてに問い合わせるのが当たり前だろ。

なので速攻で切ったら何度もかけてきやがるので着信拒否にした。

(出典:http://weblog.horiemon.com)

そもそも週刊文春は堀江さんの電話番号を知らないはずなのになぜ電話番号がわかったのでしょうか。

週刊文春は探偵を数社雇っているといわれ、そこから電話番号をつきとめたようです。

週刊文春は取材費をケチらないと有名なので、他社では得る事が出来ない情報をお金の力を使って得る事ができるのかもしれませんね。

■東国原知事がうけたハニートラップ戦略

これは実際東国原さんが実体験をもとに話されていました!

番組の出演者が気になっているニュースを取り上げるコーナーで、最近ベッキーの不倫騒動など、スクープを連発している「週刊文春」の話題になると、東国原は「大嫌いなんだけど」と、前置きした上で、同誌の驚きの取材手法を明かした。

東国原は宮崎県知事を務めていた当時のことを振り返り「ハニートラップってあるじゃないですか。あれをやられていたんです」と告白。

続けて「普通だったら(仕掛け人の)女性を雇ってやるんじゃないですか。でも文春は違う。記者がやるんです。女性の契約記者が当事者になってやってくる」と、明かした。

「文春」の仕掛ける驚きの取材手法に「根性がある、他社とは姿勢が違う。敵ながらあっぱれ」と、苦笑いしながら賞賛。

最後は坂上忍ら他の共演者に「文春の記者は気をつけたほうがいい」と警鐘を鳴らしていた。

(出典:http://news.livedoor.com)

週刊文春は自ら相手の懐に潜りこむんですね。
これなら一言一句もらすことなくタイムリーに記事をかけますよね。

報道の自由はどこまで許される?

日本のような民主主義国家は報道の自由・言論の自由・表現の自由が許されています。

その基準は実際には詳細に決まっているわけではなく、ジャーナリストが自主的に決めていそうですが、世界的には「情報の正確性」や「校正な取材」といった基準も求められています。

週刊文春はどんな社会的勢力の圧力にも屈さず現代社会に問題提起しているという点においては、不世出の週刊誌だと称賛されていますが、ただ最近の”やりすぎ”な取材体制には「二流週刊誌になり下がった」と烙印を押す古参読者も増えているそうです。

芸能人からも最近の週刊文春のやり方には疑問を感じている方も多く、タレントのマツコ・デラックスさんも

「その人を抹殺したいのかなっていうやり方じゃない?」「弱い者いじめじゃないけど…」

「週刊誌で報じたことが、週刊誌だけでおさまらず、インターネット上で「世論が形成されてしまって、ひとりのの人生をボロボロにすることが簡単にできてしまう」

と苦言しています。

取材とプライバシーの侵害は紙一重なのかもしれませんね。今後も週刊文春に目が離せませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事:週刊文春がスクープを連発できる理由は?取材体制のここがすごい!

スポンサードリンク

 - エンタメ