ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

【なんでも鑑定団】石坂浩二を降板させたプロデューサーの高すぎるプライド!名前も特定?

      2016/05/01

番組内の発言は2言だけ…。

人気ご長寿番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の司会者、石坂浩二さん(74)に対する“陰湿いじめ”報道が波紋を広げています。

メイン司会者である石坂さんのコメントを意図的に編集カットするように指示し自主降板へと追い込もうとしている。

そもそも番組創設者である石坂さんにこのような”いじめ”ともいわれてもおかしくない行為をしている人物とは誰なのか。

1月26日の女性自身でこのプロデューサー名が暴露されています。

スポンサードリンク

女性自身がプロデューサー名を暴露!

その名も”岡田英吉氏”

この番組制作の責任者岡田氏とは一体どういう人物なのか。

岡田氏は40代後半で早大文学部出身でテレビ東京の社員です。

過去には

「土スぺ」

「いい旅夢気分」

「所さんの学校では教えてくれないそこんところ」

「大食い選手権」

などを担当しているやり手のプロデューサーさんです。どれも一度は聞いたことのある番組ばかりですね。

05年当初はAPでしたがのちにプロデューサーへ昇格します。

原因は酒の席の口論?

原因といわれているのが10年前、岡田氏が鑑定団の責任者に就任した酒の席のことです。

お酒も入っていたからか、岡田氏はこの時石坂さんに対して失礼極まりない絡みをしたそうです。

「なんであんなにつまらないコーナーをやっているのか」

石坂さんが進行役を務めていた「鑑定ルール」を本人の前で批判し始めたのです。

そもそもプロデューサーを就任したばかりで石坂さんとはまだ深い付き合いでもないのにいきなりこのようなことを言われ

石坂さんはさすがに「そもそもお前は一体誰なんだ!」とキレたようです。

石坂さんじゃなくてもこんなことがあれば普通に不快な思いな思いをさせるのは誰だってわかりますよね。

まして今から一緒に番組を作っていくいわば仲間のような存在の方にそういうことを言う事自体人間性を疑います。

これを皮切りにさらに別のお酒の席でも石坂さんに絡むようになりどんどん二人の関係は悪化していったそうです。

以前にも他の番組でパネリストとして出演していた有識者が収録時間以外にもウンチクを語ることが気にいらず、揉めたことがあるそうです。局内では自分より賢い人物に対してなにかコンプレックスでもあるのでは? などと囁かれています。

早稲田大学出身で数々のヒット番組を世にだしていくと、俺は偉いんだ!とどんどん勘違いしていくようになるんですかね。

はたからみれば本当に幼稚ですよね。石坂さんもこんな人と一緒に仕事を10年以上続けていたと思うと気の毒でなりませんね。

スポンサードリンク

 - エンタメ