ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

林修の嫁に父親の仕事は?子供っているの?年収に多額の借金を負った過去とは?

      2017/03/14

「今でしょ!」のフレーズで一躍有名になり現在でも多くの番組に引っ張りだこの林修さん。

現在では華々しい活躍をされていますが、2000千万円近くの借金に数度のダイエットに失敗し100キロを超えていたという過去も。

今回はそんな林修さんの過去や家族構成、気になる年収などを調べてみました!

林修のプロフィール

186-3生年月日:1965年9月2日
出身地:愛知県名古屋市
出身校:東京大学法学部
職業:予備校講師、タレント
身長:175cm
体重:74kg

スポンサードリンク

奥さんや家族がすごい

林修さんは結婚をしていて奥さんの裕子さんがいます。

裕子さんは産婦人科の医師をされていて、林修さんが情熱大陸に出演した際に一緒に出演されていました。

こちらが妻の裕子さん。

186-2

林修さんをみていると理屈っぽい旦那さんの気がしますが、林修さんは奥さんから

「真上から見られている」

と言っているので実際は尻にひかれているようですね(笑)

子供はいないようで、現在もお二人で暮らされています。

そして林修さんの父親は大手酒造メーカー「宝酒造」の元副社長だったそうです。

更に祖父が日本画家の林雲鳳さん。

林修さんが幼稚園時代には、祖父が高級車で送迎していたそうですよ。

かなり裕福な家庭に育ったのでしょうね!

一時は100キロを超えた巨体に

小さいころから読書が好きだったという林修さん。

読書の際は菓子パンやお菓子がお供だったそうです。

中学3年生になる頃にはなんと1000冊近くも本を読んでいたそうですよ。

しかしそんな読書の際もお菓子と菓子パンは手放せず身体がどんどん大きくなる一方。

メガネをかけていたこともありついたあだ名は

「デブメガネ」

高校に入る頃には体重が87キロになっていたそうです。

186-4

しかしそんな林修さんにもダイエットの転機が。

きっかけは大学時代のコンパ。

好みの女の子が

「あんなデブと付き合うわけがない」

と影で言ってたいたのを聞いてしまったそう。

その悔しさからダイエットを始め約半年で17キロのダイエットに成功したそうです。

しかしこのダイエット方法、普通では考えつかないようなものでした。

その方法とは

「1日1食フランス料理ランチダイエット」

その名の通り一日の食事はフランス料理のランチのみというダイエット方法。

裕福な家庭だからこそできるダイエット方法ですよね(笑)

しかしこのようなダイエット方法では続かず、その後何度もリバウンドとダイエットを繰り返し3度100キロを超えてしまいます。

かつては事業で失敗し1800万円の借金が…

林修さんは東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行に就職しますが希望したアナリスト職につけなかったことや、直感でこの会社は危ないと思ったことが理由で入社してからわずか5ヶ月で退社します。

後でみればこの日本長期信用銀行はバブル崩壊後経営破綻しているので林修さんの読み通りになったということですね。

退社後は友人と投資顧問会社やIT系の会社などを興すもことごとく失敗。

株や競馬で生計を立てようとしますが、結果1800万円の借金を負ってしまいます。

借金返済のために家庭教師を始め、のちに予備校講師になります。

元々は得意だった数学を教えていましたが、自分よりすぐれた数学講師がいたために、自分が誰にも負けないという教科を考えた結果、現在の教科の現代文にたどりついたそうです。

そして2009年に一躍有名になった東進ハイスクールの専任講師となります。

林修の年収は?

現在数々のテレビ番組に出演しレギュラー番組も持っている林修さん。

年収、気になりますよね!

東進ハイスクールの人気講師の年収は約3000千万円と言われていますが、林先生の場合はトップクラスなのでもっと貰っていると予想されます。

更にテレビ出演やCM、本の印税、講演料もあるので年収はざっとみても

1億円

は稼いでいるようです。

更に奥さんは医師で年収は1200万円だと言われています。

1200万円でもすごいのになんだかこの数字がちっぽけに見えてきますね…。

林修さんはブレイク後の状況を自身で語っていていました。

「今は予備校以外からも必要とされているが、こんな事は1年も続かない。

だから必要とされている今は、テレビに出すぎと言われようが精一杯がんばるだけです。」

確かに一発屋のようなブレイクの仕方でしたが、林修さんにはもともとの豊富な知識に実力も備わっているので今後も長くお茶の間で活躍されると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

 - エンタメ