ゆいちゃん、それ食べ物じゃないからっっ

日常の気になる情報・これいいじゃんという情報を子育ての合間にのんびり紹介してきます!

脊山麻理子が渡部、後藤から共演NGを出された理由は?嫌いの声が凄すぎる。

      2017/03/14

元日テレの女子アナで現在はフリーの脊山麻理子さん。

可愛らしいルックスで30歳過ぎてから水着のグラビアをしたのも話題になりました。

しかし一方でその性格の悪さから嫌われまくってもいます。

ちなみにアンジャッシュの渡部さんが唯一共演NGを出したのも脊山さんだったそうです。

今回はなぜ脊山麻理子さんはそこまで世間から嫌われているのか調べてみました!

脊山麻理子のプロフィール

133-1

名前:脊山麻理子
血液型:B型
最終学歴:慶應義塾大学環境情報学部(幼稚園から高校までお茶の水女子大付属)
趣味:写真撮影・スポーツ観戦・語学勉強

脊山さんの父親はなんと医者で東大、お茶の水大の名誉教授である脊山洋右さんです。

お母さんも通訳や英語教師をしていたそうですよ。

脊山さんの学歴を見ても生粋のお嬢様ということがわかりますよね!

スポンサードリンク

脊山麻理子が嫌われ過ぎているのは性格が悪すぎるから?

生粋のお嬢様に見える脊山麻理子さんですが、巷ではもっぱら性格が悪いと囁かれてますね。

それを裏付けたのがこちらの番組。

『今夜くらべてみました』に出演した脊山麻理子さん。

企画の趣旨は脊山さんら他の女性ゲストが悩み相談をし、それに対しアンジャッシュの渡部さんがプライベートについてダメ出しをするというもの。

133-2

脊山さんの悩みは『今後の芸能界での仕事量』でグラビアやバラエティー以外でも活躍したいというものでした。

しかしいざVTRが始まると飼っている猫とじゃれあう姿やピンクのパジャマの可愛らしい姿など悩みと全く関係ないVTR。

悩み相談にも関わらず「(退職後日テレに入るの今日が始めてなんです」など企画の内容を無視したトークをし続け、挙句の果てに別荘で撮影したVTRでは「私晴れ女で、プレイボーイの撮影時には必ず晴れる」という謎の晴れ女アピールをする始末。

これに対し渡部さんは「晴れ女だけの情報を流して意味あります?」と企画を無視して話し続ける脊山さんにイライラ。

133-6

更に共演者のおのののかさんが話している最中に自分の局アナ時代の話をぶっこみトークを遮ります。

それに対し渡部さんは「おのさんが喋っているのに言葉をかぶせるのは失礼」とあからさまに不機嫌な顔で指摘。

「彼女(脊山)は完全なるイエスマン」とその場を笑いに変えようとしますが脊山さんは

「イエスマン的なつもりはなかった。(渡部に)文句言われる筋合いはない」と怒りの表情で反論。

133-5

さすがにキレた渡部さんが「悩みを相談に来ている立場ですよね?態度おかしくないですか?」と笑いながらではあるが指摘。

脊山さんは「わかっています。バカだと思ってんですか?」と反論しその場の空気を張り付かせていました。

133-4

この番組の後脊山さんに対してネット上では大炎上が起きていました。

「うざすぎワロタ」

「醜態を晒してた」

「ほんと無理だわ。ほんと不愉快」

「脊山麻理子の心の狭さよ」

「ツッコまれる前提の番組にキャスティングされてんだから黙って聴いて受け入れようよ」

「仕事が無いのが悩みなのに、凄く性格の悪さが出てて損なんじゃないかな~」

「好感度下がりまくり」

と非難と心配の声が続出。

スポンサードリンク

キレのは渡部だけじゃない?

この時脊山さんにキレていたのは渡部さんだけではなかったようです。

この番組はフットボールアワーの後藤さんとチュートリアル徳井さんがメインMCを務める番組。

「番組終了後、後藤さんは『なんやあれ』と冗談っぽい口調で言っていました。
でも、4月の改変期の時期に、別番組で本気で共演NGを出していたことがわかり、やっぱり本気で怒っていたのかとスタッフたちの間で話題になりました」

その後番組改変期であるバライティ番組で脊山さんをキャスティングしたところ共演者の後藤さんからNGがでたそう。

「脊山さんに準レギュラーでの出演を打診しようと考えていたのですが、その番組で共演を予定していたフットボールアワーの後藤輝基さんが難色を示しました。
結局、それでこの話は流れました」

2年後に和解?

『今夜くらべてみました』で共演NGとなった渡部さんと脊山さん。

2年の歳月が流れ2人はTBS「7時にあいましょう」で共演。

この日はスタジオで対面。渡部は「あなたはやっていけないことをやっているんですよね。
悩みを相談しに来ているところを、悩んでいないと言っちゃったら、破綻するぞ、あの企画が。
1個の番組を台無しにしたことは、絶対的に悪いので。
企画を壊すようなタレントとは、絶対に仕事したくないんですよ。
命懸けでやっているんですよ、バラエティー番組は。
そういうことを1回でもされちゃうと、信用はない」と熱弁。

脊山は「当時、私としては女子アナの中で反論するキャラでバラエティーの場に居場所を見つけようという時だったんです。それが行き過ぎた、過熱してしまったという反省もあります。取り戻そうにも(渡部に)火がついている状態。(渡部と)話せるなら、話したいと思っていたので。番組を壊してしまって、嫌な思いをさせてしまったことは申し訳ないと思って」と“謝罪”。

最後は謝罪を受け入れ二人で握手をしたそうです。
以前脊山さんは「自分がウザがられても目立てばいい」と豪語していました。

脊山さん的には2年前の放送は成功だったのかしれません。

しかしさすがに共演NGを出されるとは思ってもみなかったのかもしれませんね。

番組上では和解した2人ですが、今後共演はあるのでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

 - エンタメ